Monthly Archives: 9月 2014

社会保険労務士は独立するべきですか?

働き方はその方のお好みに応じて様々なものがあるのです。
国家資格試験に合格をして社会保険労務士になった方もあなたのお好みによって、働き方を選べる時代になりました。
近年どんな職業でも人気になっているのは、会社や企業や事務所に雇われて働くのではなくて、独立・開業をする働き方です。
若い方には自分の力で独立・開業をしたいという希望者が目立っています。

もちろん、社会保険労務士でも自分で独立して開業を行うことは可能です。
独立したら、思うままに仕事をすすめていかれます。誰の縛りも受けないので、自由な働き方をしたい方には選択する方が増えています。
「独立・開業」と聞いたら聞こえはいいのですが、その業務の内容は大変さもあります。
とにかく、何も収入の保証がないので、収入が全くなくなる危険もあるのです。
それでも、毎月経費や事務所代はかかってきますから、どんどん赤字になってしまうかもしれません。
お金のことを考えてみたら、独立・開業は厳しい面も考えられるのではないでしょうか?

年金や保険や税金対策など独立・開業をしたら、今まではやらなくてもよかった仕事もしなくてはならなくなってきます。
マスコミやイメージでは、「社会保険労務士は独立・開業をしたらいい!」と煽り立てていますが、現実には数々の難しい問題があるといってもいいでしょう。
社会保険労務士の国家資格を取得しても、企業や事務所に雇われたままになっている方が年収も多いし働くのに適している場合も少なくありません。
「すぐに、社会保険労務士は独立・開業をしたらいいです!」とあせるのは正しい考え方ではないでしょう。

社会保険労務士の年収が気になってきます。

仕事を選択する際には、その仕事の年収がどの程度なのかということが気になるものです。
国家資格を取得しなくてはならない社会保険労務士の年収も気になってきます。ここで、社会保険労務士の基本的なデータをご紹介します。

社会保険労務士の基本データ。

・平均年収 530万円
・平均月収 約40万円
・平均時給 2,200円
・年間ボーナス 55万円
・平均年齢 45歳
・平均勤続年数 16年
・男性平均年収 527万円
・女性平均年収 537万円
・男性割合 72.4%
・女性割合 27.6%

いかがですか?
社会保険労務士の年収やボーナスやお給料のことなど細かなことが分かりましたか?
イメージでは難しい国家資格を取得したから、もう少し高いお給料をもらうことができると思うかもしれませんが、そんなには、高額なお給料ではないというのが感想ではないでしょうか?

社会保険労務士はどんな働き方をするのかということで、もらえるお給料には違いがあるのです。あなたが能力が高い社会保険労務士だったら、その分お給料がよくなります。
個人差がでてくる職業といえます。
日本では何らかの国家資格を取得していたら優位に働くことができますし、もしも不景気になっても資格があったら仕事がなくなる危険性も少ないでしょう。とびぬけて年収は高くないのですが、社会保険労務士の国家資格を取得して働いていくことはメリットが大きくあるといえます。
上記の基本データにも書かれていますが、男性と女性の平均年収に大きな差がないことも、女性が働く環境としては整っているといってもいいのではないでしょうか?

社会保険労務士の通信教育講座を受講してみましょう。

国家資格の社会保険労務士に合格するためには、資格試験に合格しなくてはならないのです。
この試験は毎年7%前後の合格率で高くはないので、入念な試験準備が必要になってきます。手を抜いた勉強しかできなかったら、資格の取得はできないでしょう。

あなたが社会保険労務士の資格を取得しようと考えた場合には、どんな方法でやったらいいのでしょうか?
いくつかの学び方があるので、自分の予算や生活や考え方やお好みに合わせて学び方も選んでみましょう。

現在、他の仕事をしながら社会保険労務士の資格試験の取得を考えている方もいます。
そんな方はスクールに通う時間を取るのは難しいかもしれません。家事や育児で忙しい方も決められた時間にスクールに行くことはできません。

そこで、おすすめなのは通信教育の講座で学ぶ方法です。
どんな資格を受験するにも、通信教育の講座は準備されています。通信教育で学んだら、スクールに通う手間がいらないからです。

社会保険労務士の資格試験は学ばなくてはならない科目や試験範囲がたくさんあるので、試験の合格が難しいと言われています。
通信教育でしっかりと学んでおきましょう。社会保険労務士の資格試験の通信教育の講座もたくさんの業者が参入しています。期間や費用や学び方も各々で違いがあるのです。
インターネットのサイトを見たら、どこの通信教育がいいのか、費用はいくらかかるのかの情報も詳しく書きこまれています。
その数は、「こんなにもたくさんの通信教育講座があるのですか?」と驚いてしまうくらいです。

より自分が学びやすい通信教育講座に申し込みたいですね。

社会保険労務士の資格試験の難易度はレベル7です。

何かの資格試験を受験する時には、その試験の合格率がどの程度なのかということが気になってきます。

社会保険労務士は国家資格ですから、なるためには国家資格に無事に合格しなくてはならないのですが、難易度はどの程度なのでしょうか?
ある統計調査では、10段階で難易度は7になっていますから中の上の難易度です。
ちなみに、司法試験はランクが10です。社会保険労務士の資格試験は容易な試験ではありませんが、努力をして勉強をやったら合格できます。

社会保険労務士の難易度は合格率が高くないことからも分かります。
毎年、おおよそ5~7%の合格率です。これは、数ある国家資格試験の中でも低い部類です。100人受けて、たった5~7人しか試験に合格できないからです。

何で、社会保険労務士の国家資格はこんなにも合格率が低いのでしょうか?
それは試験の範囲が広いからです。

受験しなくてはならない科目がいくつもあって、1つ1つの範囲も膨大なので、すべて学習するのは容易ではありません。
また、資格試験は毎年8月の下旬の暑い時期にたった1日で行われます。
1日中試験があって、午前中に1時間20分、午後は3時間半の試験時間がかかります。この試験時間の長さが、合格率の低さに関係しているのではないかと指摘する専門家もいるのです。
ただ単に能力の問題以外にも、暑い時期に試験に合格する集中力や体力や持久力も必要になる過酷な資格試験といえます。
冷やかし受験や甘い考え方では、難易度がレベル7の社会保険労務士の資格試験に合格することはできないでしょう。

社会保険労務士の合格率は5~7%前後と高くありません。

会社の中での労働問題や年金問題などの働く際に重要な問題の解決にあたってくれるのは社会保険労務士です。
社会保険労務士は国家資格ですから、勉強をして資格試験に合格しなくてはなりません。気になるのは、社会保険労務士の資格試験の合格率のことです。

社会保険労務士の合格率は、平成25年度の資格試験では5,4%に低下しました。つまり、100人受けたら5人しか試験に受からないのです。
国家資格は多々ありますが、合格率が5,4%というのはかなり低い数字です。国家資格でも難関といえます。その前の合格率を見てもおおむね7%前後ですから、年度によって多少の差があっても難しい試験であることに違いがありません。

あなたが社会保険労務士の資格の取得を考えていたら、軽く考えない方がいいですね。

社会保険労務士の国家資格もしっかりと勉強をしたら合格をできます。
5~7%と合格率は低いですが、その中には冷やかし受験や十分な受験準備をしなかった人もいます。「この程度の勉強で大丈夫だろう。」とタカをくくってしまうのです。甘い考え方では社会保険労務士の資格試験には合格できませんから、気をつけましょう。
社会保険労務士の資格試験も科目の勉強を十分にやって、過去の試験問題の傾向と対策を見直したら、合格に近づくことができます。社会保険労務士の資格を取得したい方はしっかりとした試験勉強を今から始めていきましょう。
試験対策には様々なやり方がありますから、どんな方法で学んだらより合格に近づけるのか考えて早めに準備をすすめていきたいですね。