社会保険労務士の年収が気になってきます。

仕事を選択する際には、その仕事の年収がどの程度なのかということが気になるものです。
国家資格を取得しなくてはならない社会保険労務士の年収も気になってきます。ここで、社会保険労務士の基本的なデータをご紹介します。

社会保険労務士の基本データ。

・平均年収 530万円
・平均月収 約40万円
・平均時給 2,200円
・年間ボーナス 55万円
・平均年齢 45歳
・平均勤続年数 16年
・男性平均年収 527万円
・女性平均年収 537万円
・男性割合 72.4%
・女性割合 27.6%

いかがですか?
社会保険労務士の年収やボーナスやお給料のことなど細かなことが分かりましたか?
イメージでは難しい国家資格を取得したから、もう少し高いお給料をもらうことができると思うかもしれませんが、そんなには、高額なお給料ではないというのが感想ではないでしょうか?

社会保険労務士はどんな働き方をするのかということで、もらえるお給料には違いがあるのです。あなたが能力が高い社会保険労務士だったら、その分お給料がよくなります。
個人差がでてくる職業といえます。
日本では何らかの国家資格を取得していたら優位に働くことができますし、もしも不景気になっても資格があったら仕事がなくなる危険性も少ないでしょう。とびぬけて年収は高くないのですが、社会保険労務士の国家資格を取得して働いていくことはメリットが大きくあるといえます。
上記の基本データにも書かれていますが、男性と女性の平均年収に大きな差がないことも、女性が働く環境としては整っているといってもいいのではないでしょうか?