社会保険労務士の合格率は5~7%前後と高くありません。

会社の中での労働問題や年金問題などの働く際に重要な問題の解決にあたってくれるのは社会保険労務士です。
社会保険労務士は国家資格ですから、勉強をして資格試験に合格しなくてはなりません。気になるのは、社会保険労務士の資格試験の合格率のことです。

社会保険労務士の合格率は、平成25年度の資格試験では5,4%に低下しました。つまり、100人受けたら5人しか試験に受からないのです。
国家資格は多々ありますが、合格率が5,4%というのはかなり低い数字です。国家資格でも難関といえます。その前の合格率を見てもおおむね7%前後ですから、年度によって多少の差があっても難しい試験であることに違いがありません。

あなたが社会保険労務士の資格の取得を考えていたら、軽く考えない方がいいですね。

社会保険労務士の国家資格もしっかりと勉強をしたら合格をできます。
5~7%と合格率は低いですが、その中には冷やかし受験や十分な受験準備をしなかった人もいます。「この程度の勉強で大丈夫だろう。」とタカをくくってしまうのです。甘い考え方では社会保険労務士の資格試験には合格できませんから、気をつけましょう。
社会保険労務士の資格試験も科目の勉強を十分にやって、過去の試験問題の傾向と対策を見直したら、合格に近づくことができます。社会保険労務士の資格を取得したい方はしっかりとした試験勉強を今から始めていきましょう。
試験対策には様々なやり方がありますから、どんな方法で学んだらより合格に近づけるのか考えて早めに準備をすすめていきたいですね。